いくつかの仮想化の仕組みをさわってみて、それぞれで感じた違いをまとめてみた。
|~ |~[[Xen>Debian/Xen]]|~[[OpenVZ>Debian/OpenVZ]]|~[[UML>Debian/User Mode Linux]]|~[[VServer>Debian/VServer]]|~[[ESXi>Debian/ESXi]]|
|~ |~[[Xen>仮想化/Xen]]|~[[OpenVZ>仮想化/OpenVZ]]|~[[UML>仮想化/User Mode Linux]]|~[[VServer>仮想化/VServer]]|~[[ESXi>仮想化/ESXi]]|
||CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|仮想化の種類(完全仮想化/準仮想化)|完/準|準|準|準|完|
|構築や設定の難易度|中|高|中|中|低|
|モジュール標準|◎|△((debian標準ではないため、openvz.orgをaptの取得元に追加するなどの必要がある。))|△((x64環境では、ゲストカーネルをコンパイルする必要があった。))|◎|−((完全仮想化のみなので対象外))|
|自動起動や自動停止の仕組み((標準で用意されている、という意味。))|あり|あり|なし|あり|あり|
|ホストマシンとのメモリ空間|独立|共有|共有|共有|独立|
|仮想マシンのメモリ使用制限|可能|可能|可能|可能|可能|
|仮想マシンのディスク使用制限((仮想の仕組みとしての制限ができる、という意味。))|不可((ホストマシンのファイル、またはデバイスを仮想マシンのHDDとしてみせるため、そのサイズで制限することはできる。))|可能|不可((ホストマシンのファイルを仮想マシンのHDDとしてみせるため、そのファイルサイズで制限することはできる。))|可能|不可((ホストマシンのファイルを仮想マシンのHDDとしてみせるため、そのファイルサイズで制限することはできる。))|
|専用カーネルの必要性|あり|あり|なし((専用カーネルを使用して、より高速でセキュアな環境も可能。))|あり|なし|
|ホストマシンから見た仮想マシンのNIC名|vif1.0|venet0|tap0|eth0:xxx((xxxには、自由なキーワードが設定できる。))|eth0|
|仮想マシンから見えるCPUの数((ホストマシンのCPUが、2個に見える場合。))|2((デフォルトは1つ。DomainU設定ファイルのvcpusで変更可能。))|2|1|2|2((自由に設定可能。物理CPUコアより増やすこともできる。))|
|ホストマシンから仮想マシンのプロセスが見えるか|見えない|見える((普通のプロセスと同じように見えて区別がつかない。))|見える((起動したときのコマンドのみが見える。仮想マシンのプロセス分存在するようだ。))|見えない|見えない|

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS