Dell PowerEdge SC1430の購入前から、購入後の設定などをまとめる。

購入まで

 まずは、Webから見積もりをしてみる。いろいろな割引があるらしく、最安値で購入しようと思うなら、注意深く探す必要があるようだ。
 購入後により安い値段となった場合、差額が返ってくる「プライスプロテクション」というものがあるらしい。明確な有効期間は不明だが、無条件返品が可能な、10日間という情報もある。(→参考)

購入方法

 「クアッドコアテクノロジー搭載特別価格パッケージ」というので、62,870円の値引きがあったのでこれを利用することにした。

本体構成

 購入した構成は以下のとおり。

基本システムPowerEdge SC1430
CPUXeon E5335 (2GHz, 4Core) ×2
チップセットIntel 5000V
メモリ1GB 667MHz FB-DIMM ×2 → + 2GB 667MHz FB-DIMM × 2 (計6GB)
RAIDコントローラSAS 5/iR (PCI Express x2接続)
ハードディスク*1WD800AAJS (80GB,SATA) → ST3320620NS (320GB,SATA) ×2 (RAID1)
光学ドライブなし
FDDなし

 拡張のためのインタフェースは以下のとおり。

メモリスロット4本 (合計)
PCI1本
PCI Express x12本
PCI Express x41本
PCI Express x81本
SATA4本
PATA1本
USB前2個、後5個
FDコネクタ1個
PS/2なし
LANポート1個
シリアルポート1個
パラレルポート1個

到着まで

 2008/1/13に、Webから注文した。届くのはいつかな。
 1/16に、1/24頃に届くというメールが来た。
 到着までの状況は、随時Webで確認できるようになっている。
 1/21の時点で、到着は1/25の予定になった。
 1/25に実際に届いたが、不在だったため1/26に受け取った。

到着後

 実際に届いて現物をみると、思ったより小さかった。普通のミドルサイズのPCケースよりも小さい。
 騒音も小さい。起動時に、チェックのためか一瞬ファンがフルスピードで回るときはとてもうるさいが、それ以降は静か。
 購入時の構成はHDDが1台だが、もう1台追加するにはHDD本体のみがあればよい。ケーブルやマウンタは付いていた。このため、HDDは自分で用意すると安く抑えられる。ただし、3台目以降のマウンタは付いていない。

消費電力

 ワットチェッカーを使って、消費電力を測定してみる。以下の各時点での消費電力を調べてみた。本体構成の初期状態も参考のこと。

待機時(ソフト電源OFF)2W
BIOS起動まで207W
BIOS操作中165W
アイドル時161W
メモリ高負荷時(Memtest86+)204W
CPU高負荷時(空ループ×Core数)246W

各種設定

OMSAのインストール(未完)

 OMSA(OpenManage Server Administrator)をインストールすることにより、単体サーバの管理と監視が、CUIやWebからできるようになるようだ。
 まずは、aptに以下の行を追加する。追加後に、apt-get updateを行うのも忘れずに。

deb ftp://ftp.sara.nl/pub/sara-omsa dell sara

 次に、監視関係のパッケージをインストール。dellomsaが認証されていない警告が出るが、続行する。

# apt-get install dellomsa

 このままでは、nvoke-rc.dでエラーが出てインストールが完了しない(たぶんDebian Bug#368322)ので、設定ファイルを細工する。最後の3行をコメントアウトする。

vi /var/lib/dpkg/info/dellomsa.postinst
#echo "Stopping & Starting dellomsa..."
#/usr/sbin/invoke-rc.d instsvcdrv stop
#/usr/sbin/invoke-rc.d instsvcdrv start

 インストールした後は、SSLでアクセスできる。その前に、/etc/init.d/dsm_om_connsvc start を実行する必要があるかもしれない。

https://192.168.0.1:1311/

 amd64の環境だと、ほとんどの情報が取得できない。HDDのステータスが取得できたので、それでよしとする。

 

 2chにUbuntuで動いたという報告があったので、貼り付けておく。未確認。

211 :不明なデバイスさん:2008/03/11(火) 19:07:23 ID:QCfn89Ca
   >>210
   俺的メモ Ubuntuだから同じかも

   sudo modprobe ipmi_si
   sudo modprobe ipmi_devintf
   grep ipmi /proc/devices
   ls -l /dev/ip*
   cd /dev
   sudo mknod --mode=644 ipmi0 c 253 0

   sudo ipmitool sensor
   sudo ipmitool sdr
   sudo ipmitool sdr list full 

HDDステータス取得

 mpt-statusを使う。1.2以上が必要みたいなので、backportsからもってくる。
 lennyでは、backportsから持ってこなくても1.2になっていた。

# apt-get install mpt-status -t etch-backports
# mpt-status --autoload
# echo mptctl >> /etc/modules
# mpt-status
ioc0 vol_id 0 type IM, 2 phy, 298 GB, state OPTIMAL, flags ENABLED
ioc0 phy 1 scsi_id 32 ATA      ST3320620NS      G   , 298 GB, state ONLINE, flags NONE
ioc0 phy 0 scsi_id 1 ATA      ST3320620NS      G   , 298 GB, state ONLINE, flags NONE
 

 試しに、片方のHDDを外してみると、以下の状態になった。

# mpt-status
ioc0 vol_id 0 type IM, 2 phy, 298 GB, state DEGRADED, flags ENABLED
ioc0 phy 1 scsi_id 32 ATA      ST3320620NS      G   , 298 GB, state ONLINE, flags NONE
ioc0 phy 0 scsi_id 255   , 298 GB, state MISSING, flags OUT_OF_SYNC

 また、以下の内容のメールがrootに送られた(xxxxxはホスト名)。

This is a RAID status update from mpt-statusd.  The mpt-status
program reports that one of the RAIDs changed state:

ioc0 vol_id 0 type IM, 2 phy, 298 GB, state DEGRADED, flags ENABLED
ioc0 phy 1 scsi_id 32 ATA      ST3320620NS      G   , 298 GB, state ONLINE, flags NONE
ioc0 phy 0 scsi_id 255   , 298 GB, state MISSING, flags OUT_OF_SYNC

Report from /etc/init.d/mpt-statusd on xxxxx
 

 再びディスクをつなぎ直すと、以下の状態になった。メールも同じように送られてきた。

# mpt-status
ioc0 vol_id 0 type IM, 2 phy, 298 GB, state DEGRADED, flags ENABLED RESYNC_IN_PROGRESS
ioc0 phy 1 scsi_id 32 ATA      ST3320620NS      G   , 298 GB, state ONLINE, flags NONE
ioc0 phy 0 scsi_id 1 ATA      ST3320620NS      G   , 298 GB, state ONLINE, flags OUT_OF_SYNC

 mpt-statusは、新しい表示形式にすると再構築の進捗状況が表示される。

# mpt-status -n
ioc:0 vol_id:0 type:IM raidlevel:RAID-1 num_disks:2 size(GB):298 state: OPTIMAL flags: ENABLED
ioc:0 phys_id:1 scsi_id:32 vendor:ATA      product_id:ST3320620NS      revision:G    size(GB):298 state: ONLINE flags: NONE sync_state: 100 ASC/ASCQ:0xff/0xff SMART ASC/ASCQ:0xff/0xff
ioc:0 phys_id:0 scsi_id:1 vendor:ATA      product_id:ST3320620NS      revision:G    size(GB):298 state: ONLINE flags: NONE sync_state: 100 ASC/ASCQ:0xff/0xff SMART ASC/ASCQ:0xff/0xff
scsi_id:1 3%
scsi_id:0 3%

 再構築が終わると、状況がメールされてきた。

こまったこと

システムテストでフロントファンが異常→解決

 1/26(土)の到着後にBIOSの設定をすませ、診断ユーティリティを実行してみた。
 ところが、フロントファンのlow speedモードで、1160RPMを期待しているのに722RPMしかない。
 電話サポートは24時間365日ということだったので、電話する。とても丁寧な対応で大変良かった。
 契約しているサポートは、標準(追加料金なし)の翌営業日対応なので1/28(月)以降となるが、1/28(月)は都合が悪いので1/29(火)にしてもらった。
 1/29(火)にきたサポートの人は、DELLと契約している会社の人だった。きれいな若いお姉さんだから、ちょっとドキドキ。 [smile]
 診断ユーティリティをもう一度実行しようとしたら、Linuxのインストールの時に何かおかしくなったのか、HDDにある診断ユーティリティが起動しない。いろいろな問題からCDからの起動ができなかったが、先にファンを交換することになった。
 交換後、診断ユーティリティを起動することになっていろいろ試した結果、ファイルライブラリから診断ユーティリティをダウンロードして、それをDOS起動のUSBメモリから実行することにした。先にこれを作っておけばもっと早くできたと後悔する。
 ファンは問題なく回り、全システムのチェックも正常となった。

参考

http://www1.jp.dell.com/content/products/productdetails.aspx/pedge_sc1430?c=jp&cs=jpbsd1&l=ja&s=bsd
http://support2.jp.dell.com/docs/systems/sc1430/ja/HOM/HTML/HOM_JA/index.htm
http://support2.jp.dell.com/docs/software/svradmin/5.1/ja/index.htm
http://supportapj.dell.com/support/edocs/storage/RAID/SAS5iR/ja/UG/HTML/index.htm
http://sourceforge.jp/projects/linuxserver/wiki/Linux-PowerEdgeML
http://plaza.rakuten.co.jp/pirorin55/diary/200606010000/
http://lists.us.dell.com/pipermail/linux-poweredge/2008-January/034496.html


*1 RAIDコントローラに接続。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-24 (木) 21:42:31 (3161d)