ディスクのパーティションを論理的に管理する。

用語

 LVMで使う用語を簡単に説明。

PV
物理ボリューム(Physical Volume)。/dev/sda1,/dev/sdb,/dev/md0など。
VG
ボリュームグループ(Volume Group)。PVを束ねたもの。
LV
論理ボリューム(Logical Volume)。実際に使用するのはこれ。VGから切り出したもの。
PE
物理単位(Physical Extent)。LVが管理するブロック。lvm2からは、ひとつのLVで扱えるPEに制限はなくなった(それまでは65536だった)。

インストール

 必要なパッケージをインストールする。

# apt-get install lvm2

運用

物理ボリュームの作成

 /dev/md1を物理ボリュームとして登録する。

# pvcreate /dev/md1
  Physical volume "/dev/md1" successfully created

物理ボリュームの拡張

 /dev/md1のサイズを増やしたときなどに、サイズの変更を認識させる。vgの考慮は不要。

# pvresize /dev/md1
  Physical volume "/dev/md1" changed
  1 physical volume(s) resized / 0 physical volume(s) not resized

ボリュームグループの作成

 /dev/md1を元に、ボリュームグループ'vg01'を作成する。

# vgcreate -s 32M vg01 /dev/md1
  Volume group "vg01" successfully created

ボリュームグループへの追加

 vg01に、/dev/sdd8を追加する。

# vgextend vg01 /dev/sdd8
  Volume group "vg01" successfully extended

論理ボリュームの作成

 サイズを10PEに指定しての論理ボリュームを作成。

# lvcreate -l 10 vg01
  Logical volume "lvol0" created

 ボリュームグループすべてを使用して、論理ボリュームを作成。

# lvcreate -l 100%PVS vg01
  Logical volume "lvol0" created

論理ボリュームの拡張

 作成済みの論理ボリュームに、すべてのPEを割り当てる。

# lvextend -l 100%PVS /dev/vg01/lvol0
  Extending logical volume lvol0 to 676.00 MiB
  Logical volume lvol0 successfully resized

PEの移動

 PEが割り当てられているLVから、PEをほかのLVに移動する。当然、PEが移動できるサイズの空きが必要。

# pvmove -b /dev/md3

コマンド一覧

コマンド説明使用例
pvcreatePVの新規作成pvcreate /dev/sda1
pvresizePVのサイズ変更pvresize /dev/sda1
pvmove指定したPVのPEを他へ移動pvmove -b /dev/sda1; lvs -a
pvremovePVの削除pvremove /dev/sda1
vgcreateVGの新規作成vgcreate vg01 /dev/sda1
vgextendVGへPVの追加vgextend vg01 /dev/sdb1
vgreduceVGからPVの切り離しvgreduce vg01 /dev/sda1
lvcreateLVの新規作成lvcreate -l 10 vg01
lvextendLVの拡大lvextend -L +10G /dev/vg01/lvol0
空きPEをすべてLVに追加lvextend -l +100%FREE /dev/vg01/lvol0

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-01 (木) 17:55:19 (1481d)