玄箱/PRO(KURO-BOX/PRO)をいじってみる。

Debian化

 日本時間の2009/2/15にDebianの最新版(5.0 lenny)がリリースされたので、それをインストールする。
 lennyから、玄箱に対応したらしいので、今までに比べればインストールしやすいようだ。

 基本的に、miy's 雑記帳さんの通りに行えばよい。
 注意するのは、ext2をext3に書き換えるところだ。頭の方だけ置換すること。それ以外の、最終行あたりを変更すると起動しなくなる*1

 後は、特に迷うところはない。
 インストールの言語に日本語は選べないが、今までDebianをインストールしたことがあれば、手順は同じなので問題ない。

 インストールが終わって、再起動すれば、後は使い慣れたDebianになっている。

設定変更

 lennyからは、rsyslogが標準になっている。
 いままでのsyslogに比べて、機能はよくなっているのだが、常駐サイズが大きすぎる。
 メモリが少ない環境では厳しいので、syslogに入れ替える。

# apt-get install sysklogd

 これで、以下のようにサイズが減った。

   VSZ   RSS COMMAND
 27384  1268 /usr/sbin/rsyslogd -c3
               ↓
  1564   452 /sbin/klogd -x
  1640   624 /sbin/syslogd

玄箱用コマンド導入

 Debian化しても、ハードウェアの監視などは行ってくれるが、LEDやBEEPを制御することはできない。
 初期状態で使用できるmiconaplの互換コマンドを作成された方がいらっしゃるので、それを利用する。
http://www.mztn.org/kpro_memo/kpro_micon.html
 これで、LEDやBEEPを自由にコントロールできる。また、ハードウェア情報の取得もできる。

状態監視

 せっかくハードウェアの状態が取得できるので、履歴をとってみる。
 RRDtoolでグラフ化するとして、表示にApacheの様な重量アプリケーションを使うのはもったいない。
 ここでは、inetdから起動する、micro-httpdを使用する。

# apt-get install micro-httpd

 軽量だけあって、設定ファイルなんてものはないみたい。唯一、inetd.confに指定する、ルートディレクトリの指定のみ。

参考

http://miy.dtiblog.com/blog-entry-16.html


*1 起動しなくなったので、シリアルコンソール接続キット(SCON-KIT/PRO)を買うため秋葉原に行って、玄箱を買ったソフマップで聞いても、TWO-TOPで聞いても在庫がなく、ヨドバシカメラの自作機コーナーに行ったら、玄人志向コーナーがあって、そこにおいてあった。ヨドバシカメラ、ちょっと見直した。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-12 (木) 00:32:51 (3876d)