VMware ESXiは、仮想化に特化したOSだ。ホストマシンで起動するのは、ハイパーバイザのみの非常に小さいもので、制御は別のマシンから行う。
 より具体的には、「ESXiって何だ?」を参照。

インストール

 以下のURLからダウンロードする。登録したメールアドレスに、ライセンス情報をみるためのURLが送られてくるので、有効なアドレスを登録する必要がある。
http://www.vmware.com/go/getesxi

ゲストOSの設定

 ゲストOSにopen-vm-toolsをインストールすることで、ホストOSからシャットダウンの要求を受けたりすることができるようになる。
 以下のようにすればパッケージでインストールできるが、たいていは古いバージョンになるので、ソースからインストールした方が良い。

# apt-get install open-vm-tools

VMtoolをソースからインストール

 パッケージとして用意されているVMtool(open-vm-tools)は少し古い。
 そこで、ESXiに用意されているクライアントプログラムをインストールする。

  1. ESXiの管理画面からコンソールを表示させて、[仮想マシン]-[ゲスト]-[VMware toolsのインストール/アップグレード]を選択。
  2. CD-ROMが挿入された状態になるので、マウントする。
    # mount /dev/cdrom /mnt/
  3. ファイル一式を展開する。
    # tar xzf /mnt/VMwareTools-*.tar.gz
  4. 元のファイルは不要なので、アンマウントする。
    # umount /mnt/
  5. 必要なパッケージをインストールする。
    # apt-get install make gcc linux-headers-2.6-amd64
  6. ツールを展開した場所に移動し、インストーラーを実行。不要なコマンドなどがあれば文句を言われるので、インストールしておく。ここまでの手順で、必要なパッケージをインストールしていれば、文句は言われないはず。
    # cd ./vmware-tools-distrib
    # ./vmware-install.pl -prefix=/opt/vmware-tools
  7. コマンドのインストール先は全てデフォルト、追加のモジュールはインストーラーでコンパイルした。
  8. インストールが終わると、自動的にサービスが起動する。
  9. インストールが終われば、vmware-tools-distribディレクトリや、コンパイルのためにインストールしたパッケージは削除しても問題ない。
    # apt-get purge make gcc linux-headers-2.6-amd64
    # apt-get autoremove --purge
  10. 正常にインストールできれば、SCSIコントローラで、VMware準仮想化が使用できる(64bitだけかも)。

コンソール操作

 sshでVMホストにログインして、コマンドからいろいろな操作をする。

コマンド一覧

コマンド意味
vim-cmd helpVMゲストに対して行うコマンドの説明を表示(5.0では表示できなかった)
vim-cmd vmsvc/getallvmsVMゲスト一覧の表示
vim-cmd vmsvc/power.getstate <VMID>VMゲストの電源の状態を表示
vim-cmd vmsvc/power.shutdown <VMID>VMゲストにシャットダウン要求(vmware-toolsがインストールされていないとエラー)
vim-cmd vmsvc/power.off <VMID>VMゲストの電源を強制的に切る
vim-cmd vmsvc/power.on <VMID>VMゲストの電源を入れる

ゲストの強制終了

 管理ツール上から停止コマンドを受け付けなくなった(メニューが選択不可など)ときは、ゲストVM用プロセスを強制終了させる。
 コンソールでログインした後、目的のゲスト名で検索し、対象プロセスのCID(左から二つ目の数値)を指定して終了させる。

# ps|grep guest01
11455521      vmm0:guest01
11453475 11449376 vmx-vthread-4:guest01 /bin/vmx
11455524 11449376 vmx-mks:guest01   /bin/vmx
11455525 11449376 vmx-vcpu-0:guest01 /bin/vmx
# kill 11449376 

※終了中に止まったままになっている場合は、これより少ないかもしれない。

パッチ適用

  1. パッチファイル
     https://my.vmware.com/group/vmware/patch から、最新版を見つける。
  2. パッチファイルのダウンロード
     最新版のパッチファイルをダウンロードする。
  3. ESXiホストにアップロード
     ESXiにコンソールでログインして見える場所に、xxxxxxxxx.zipをアップロードする。
  4. ESXiをメンテナンスモードに切り替え
  5. プロファイルの確認
     以下のコマンドで、プロファイルを確認する。
    # esxcli software sources profile list -d <アップロードしたパス>/xxxxxxxxx.zip
  6. アップデートコマンド実行
     以下のコマンドで、アップデートを実行する。通常は、プロファイルに"-standard"を指定すれば良いだろう。
    # esxcli software profile update -d <アップロードしたパス>/xxxxxxxxx.zip -p ESXi-x.x.x-00000000000-standard
     しばらく後、以下のようなメッセージが出るこをを確認する。
    Installation Result
       Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
               :
  7. メンテナンスモードから戻す
  8. システム再起動

その他

時刻

 ゲストOSのオプション設定で、ゲストOSとホストOSの時刻を同期させる設定がある。vmware-toolsが動作していれば、ソフトウェアクロックも同期してくれる。
 Linuxの場合、ntpで同期させた方がよさそう。
http://kb.vmware.com/kb/1033498

iSCSIターゲットの再起動

 iSCSIターゲットを再起動するときは、以下のようにするとよい。

  1. iSCSIがデータストアになっているVMをすべて停止
  2. iSCSIターゲットを再起動
  3. [構成]-[ストレージ アダプタ]*1で、「すべてを再スキャン...」を実行
  4. [構成]-[ストレージ]で、「すべてを再スキャン...」を実行

iSCSIターゲットのサイズ拡大

 iSCSIターゲットのサイズを拡大するときは、以下のようにするとよい。

  1. [構成]-[ストレージ アダプタ]で、「すべてを再スキャン...」を実行
  2. [構成]-[ストレージ]で、「すべてを再スキャン...」を実行

ネットワークが極端に遅くなる問題を解消

 何かの条件が重なると、ネットワークがとても遅くなるようだ。以下のコマンドでさくっと解消した。

# ethtool -K eth0 tso off

 システム起動時に自動的に実行する場合、以下のようにすると良い。

sshで公開鍵認証

 リモートからプログラムでコマンドを実行するなど、公開鍵認証ができると便利。
 以下のように設定をする。コマンドは、"client:"がログインするマシン、"esxi:"がログインされるマシン(ESXi)とする。

  1. 公開鍵の作成
     ESXiにログインしたい端末で、以下のコマンドを実行。
    client: $ ssh-keygen -t dsa
  2. 公開鍵のコピー
     デフォルトだと、".ssh/id_rsa.pub"に公開鍵が作成されるので、この内容をESXiの"/.ssh/authorized_keys"にコピーする。ESXi 5.0では"/etc/ssh/keys-root/authorized_keys"になる。
  3. ログインの確認
     ここまでの手順で設定はできたので、ログインできるかどうか確認する。パスワードが求められなければ成功だ。
    client: $ ssh esxi -l root
  4. 設定の保存
     ここまでの状態では、ESXiを再起動すると設定が消えてしまうので、再起動後も設定が復元されるようにする。5.0ではやり方が違う。覚えてないけど、設定不要かもしれない。
    1. 公開鍵ファイルの保存
       以下のようにして、作成した公開鍵ファイルをファイルにまとめる。
      esxi: # tar -C / -czf /bootbank/home.tgz /.ssh
    2. 起動設定の変更
       起動用の設定ファイル"/bootbank/boot.cfg"に、"--- home.tgz"を追加する。
      modules=k.z --- s.z --- c.z --- oem.tgz --- license.tgz --- m.z --- home.tgz

コマンドマニュアル

http://www.jume.nl/esx4man/index.html

ハードウェア対応リスト

http://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php

仮想マシンに「Unknown 5000」などがでる場合の修復

 ストレージが一時的に見えなくなった場合などの問題で、仮想マシンが見えなくなることがある。この場合は、以下のように再登録して修復する。

  1. ESXiにコンソールログイン
  2. 見えなくなったVMのIDを取得
    # vim-cmd vmsvc/getallvms|grep invalid
  3. 見えなくなったVMの仮想マシンファイルを取得
  4. 見えなくなったVMを登録解除
    # vim-cmd vmsvc/unregister 207
  5. データストアブラウザから事前に取得済みの仮想マシンファイルを再登録

参考


*1 この段階で、表示まで3分程度時間がかかることがある。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-23 (金) 11:38:09 (1056d)